【辛口】コインチェックの評判25選!初心者の体験談から分かる実態

コインチェックって実際どう?

流出事件もあったって聞くけど?

どんな人におすすめの取引所なのかな?

この記事を見つけたあなたは、仮想通貨取引所として有名なCoincheckについて詳しく知りたいと思っているのではないでしょうか。

結論から言うと、Coincheckをおすすめできるのは、

  • スマホで取引を完結したい人
  • 取引所で頻繁にビットコインを売買したい人
  • 幅広い通貨に分散投資をしたい人
  • 仮想通貨の長期保有で利益を出したい人

それぞれの理由としては、

  • スマホアプリには仮想通貨取引に必要な機能がすべて備わっているから
  • 取引所でのスプレッドが0.05%と他社より狭く、取引コストを抑えれるから
  • 取扱銘柄が17種類と国内No.1を誇るため、投資の選択肢が豊富だから
  • レンディングサービスの年率が5%と他社に比べて高いから

Coincheckのサービスはどの機能も便利な上、簡単に使えます。

さらにスマホアプリは他の取引所より群を抜いて使いやすいです。

そのため、Coincheckは初心者にも自信を持っておすすめできる取引所です。

結論、Coincheckは国内で優良取引所だと言えます。

30秒で分かるCoincheckをおすすめできる人
  1. スマホで取引を完結したい人
  2. 取引所で頻繁にビットコインを売買したい人
  3. 幅広い通貨に分散投資をしたい人
  4. 仮想通貨の長期保有で利益を出したい人
初心者でも使いやすい

1.Coincheckの総評 | おすすめできる人

コインチェックの評判・口コミ
初心者におすすめの仮想通貨取引所。

結論を言うと、

  • スマホで取引を完結したい人
  • 取引所で頻繁にビットコインを売買したい人
  • 幅広い通貨に分散投資をしたい人
  • 仮想通貨の長期保有で利益を出したい人

です。

スマホだけで取引したい人におすすめできます。

なぜなら、Coincheckのスマホアプリを利用すれば、パソコンを使わなくて仮想通貨取引に必要となる、ほとんどすべての機能を使えるからです。

そのため、スマホ1つで仮想通貨の投資を完結できます。

Coincheckのスマホアプリで出来ること
  1. 総資産の確認機能
  2. チャートの確認機能
  3.  仮想通貨の購入・売却機能
  4.  仮想通貨の送金・受け取り機能
  5. ウィジェット機能
  6. プッシュ通知機能
  7. 日本円の入出金機能

Coincheckの取引所はスプレッドが業界最狭水準であり、取引手数料が無料なのが強み。

また、ビットコインの取引量が多いため、継続的に安定した取引ができます。

そのため、ビットコインの取引コストを抑えるのは効率が良いと言えます。

幅広い仮想通貨に分散投資したい方におすすめできます。

なぜなら、仮想通貨の取扱数が国内トップのため、投資の選択肢が豊富であるからです。

分散投資することで、メインの仮想通貨で損失を出しても、数多くの仮想通貨で利益が出ていれば、リスクを軽減できるメリットがあります。

そのため、リスクを軽減するため、幅広い種類の仮想通貨に分散投資したい人におすすできます。

Coincheckの貸仮想通貨では、次のような特徴があげられます。

  • 販売所で扱うすべての仮想通貨に対応
  • 貸出期間を14日・30日・90日・180日間・365日の5通りが用意されている
  • 貸出期間によって、1%から5%までの年率が設定されている
  • 貸出数量の下限は1万円相当以上、上限は設定されていない

特徴を踏まえると、1年以上仮想通貨を保有して利益を出したい人におすすめできます。

なぜなら、貸出期間を365日に設定した場合、年率5%となるからです。

一般的な銀行の定期預金金利が365日で0.01%から0.2%であることを考えると、非常に高い利率設定と言えるでしょう。

また、他社の貸仮想通貨と比べてみると、

GMOコインでは、50万円相当からしか始められず、最大利率が3%、

LINE BITMAXでは、固定期間型であれば、年率8~12%と高い利率であるが、対象銘柄がLN(リンク)のみとなっています。

他社のサービスと比較しても、Coincheckの貸仮想通貨は自由度が高く、おすすめできるサービスとなっています。

1-1.Coincheckの危険性

結論を言うと、現在Coincheckでは、セキュリティが強化され安全に仮想通貨の取引をすることができます。

なぜなら、XEM(ネム)流出事件後、2018年4月には顧客保護の観点から適切かつ確実な業務運営の確保を目的として、マネックスグループに加入したからです。

これにより、マネックスグループの全面的な支援を受けてセキュリティが強化されました。

具体的な対策としては、

  • コールドウォレットの構築
  • SMS・デバイスによる2段階認証
  • SSL暗号化通信
  • パスワードの強度チェック
  • 自動タイムアウト

こうした対策により、安心して取引できるようになりました。

XEM(ネム)流出事件とは、2018年1月26日、仮想通貨取引所「Coincheck」が外部からのハッキング攻撃を受けたことによって、580億円相当の仮想通貨「XEM(ネム)」が盗難された事件。

2.Coincheckの口コミ・評判

結論から言うと、Coincheckの実際のユーザの口コミや評判は良好だと言えます。

しかし、すべてのユーザーが良い口コミや評判を言っているわけではありません。

悪い口コミも参考にしながら、利用するか検討するのがいいでしょう。

2-1.良い口コミ・評判

結論、手数料が安い・アプリが使いやすい・取扱銘柄が多い・運営の対応が良い・安い金額から取引ができる。

と言う口コミや評判が多かったです。

twitterロゴ

Twitterでの意見

これはここだけの話なんだが、FXなんか使ってショートしない人は、コインチェックの現物は手数料無料だから、そこを円とビットコインの交換に使って、アルトコインはBINANCEに送ってBTC建てでトレードすれば、手数料はほぼゼロになるんやぞ。

twitterロゴ

Twitterでの意見

なんだかんだでコインチェックが一番使いやすい。

twitterロゴ

Twitterでの意見

ビットポイントアプリの使いにくいと言われる方 どうぞ他の取引所をお使いください コインチェックとか使いやすいって評判ですよ

twitterロゴ

Twitterでの意見

リップル買い増し完了 株の売却資金を朝一コインチェックへ送金 今は株より仮想通貨の方が魅力的やね♡ SBIVCの方が手数料安かったけど、パソコン立ち上げるのが面倒 やっぱりコインチェックの方が使いやすい アプリでポチっとできるのが良いよね〜。

twitterロゴ

Twitterでの意見

仮想通貨はビットコインだけではない Coincheckは取り扱っている通貨の種類も多く、 ビットコイン(BTC)だけでなく、ほかのアルトコインについても、 取引を行うことができます。

twitterロゴ

Twitterでの意見

今日Coincheckからパレットトークン(PLT)の購入時の手数料が返還されてた 入金手数料と出金手数料まで返してくれるってなかなか良い対応 色々不備もあったけどこーやって顧客対応がいいと信頼は出来るね やるじゃんコインチェック #Coincheck

twitterロゴ

Twitterでの意見

DMMビッコイン手数料無料だから良いと思いきやbitmatch注文で1万円じゃ買えないから結局楽天銀行にお金出金しましたw やっぱコインチェックが良いのかな 出直しですわ

2-2.悪い口コミ・評判

結論、入出金手数料が高い・レバレッジ取引ができない・取引所の不便さ。

と言う口コミや評判が多かったです。

twitterロゴ

Twitterでの意見

バイナンスからRoninに入金できるとの事ですが、もう入金された方いますか??あとコインチェックの入金手数料が高いんですが、GMO、bitbankあたりがおすすめなんですかね?知ってる方いたら教えて欲しいです

twitterロゴ

Twitterでの意見

僕は海外取引所からウォレットにETH入金したので分からず申し訳ないのですが、今コインチェックを見た感じだと出金手数料に0.005ETH必要っぽかったので、おそらく出金額<手数料となってしまっているのかと…

twitterロゴ

Twitterでの意見

コインチェックが、レバレッジの取引を終了を発表! 日本の法律では、来春から、仮想通貨規制を強めて、 レバレッジはどの取引所も、2倍迄と、決定しました。 世界で、100倍以上のレバレッジが続々増える中 日本の金融庁の人達は、マイナス思考で、閉鎖的ですネ。 ポジティブな政治を望みます。

twitterロゴ

Twitterでの意見

コインチェック、アプリで取引所を使えないの意図を感じる。

twitterロゴ

Twitterでの意見

今は仮想通貨買い時ではないのですぐに始めるわけにもいかないので取引所はゆっくり調べてみます〜 コインチェック見やすいんですけど、リップルとかネムは販売所しかなさそうなのがネックなんですよね…

twitterロゴ

Twitterでの意見

スプレッドが1万5千円くらいかかって、まだマイナス。コインチェックはスプレッドが高い。

3.Coincheck利用者25名の評判から分かったメリット3選

25名の評判から分かったメリット3選

Coincheckのメリットは3つ。

Coincheckはダウンロード数がNO.1の人気取引所だけあって、良い評判も多かったです。

Coincheckが初心者におすすめされる理由、アプリダウンロード数がNo.1になる理由を説明していきます。

3-1.取引所手数料が無料

Coincheckの取引所では、すべての取り扱い仮想通貨の取引手数料が無料となっています。

取引手数料は無料だが、スプレッドの存在は無視できません。

理由として、そもそも仮想通貨の手数料体系は、スプレッド込みになっているからです。

そのため、スプレッドの狭い取引所を使うことで手数料を抑えることができます。

Coincheckもスプレッドは存在していますが、業界最狭水準。

Coincheckのスプレッドは他の取引所に比べて低くなっていることわかります。

取引所スプレッド
Coincheck0.05%
bitFlyer0.16%
DMM Bitcoin
GMOコイン0.11%
bitbank0.07%

大前提として、仮想通貨取引所には「販売所」と「取引所」の2つがあることに注意しなければなりません。

ユーザーと仮想通貨取引所で仮想通貨取引が行われる。

取扱銘柄は多いが、スプレッドは広くなっている。

取引所に登録しているユーザー同士で仮想通貨取引が行われる。

取扱銘柄は少ないが、スプレッドは狭い。

Coincheck取引所での取り扱い銘柄が4種類のみ。

  • BTC(ビットコイン)
  • FCT(ファクトム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • MONA(モナコイン)

販売所でもこの4種類は取引できますが、スプレッドは広くなっています。

そのため、取引所で取引した方が安く取引できます。

3-2.アプリの機能性が高く初心者でも簡単

Coincheckは初心者でも簡単に使えます。

スマホアプリが他の取引所と比べても群を抜いて使いやすいからです。

ワンクリックで取引できる・総資産画面やチャートが見やすいなど、他の取引所にない魅力があります。

そのためか、Coincheckのスマホアプリは2021年上半期においてダウンロード数「国内No.1」を記録しているほどです。

さらに、ウィジェット機能を活用すれば、いつでもどこにいてもリアルタイムで仮想通貨の価格や変動率を確認できます。

どの機能も便利な上、簡単に使えるので初心者におすすめです。

  1. 総資産の確認機能
  2. チャートの確認機能
  3.  仮想通貨の購入・売却機能
  4.  仮想通貨の送金・受け取り機能
  5. ウィジェット機能
  6. プッシュ通知機能
  7. 日本円の入出金機能

3-2.仮想通貨の種類が国内トップの17種類

コインチェック口コミ・評判
仮想通貨一覧
BTC(ビットコイン)
ETH(イーサリアム)
ETC(イーサリアムクラシック)
LSK(リスク)
FCT(ファクトム)
XRP(リップル)
XEM(ネム)
LTC(ライトコイン)
BCH(ビットコインキャッシュ)
MONA(モナコイン)
XLM(ステラルーメン)
QTUM(クアンタム)
BAT(ベーシックアテンショントークン)
IOST(アイオーエスティー)
ENJ(エンジンコイン)
OMG(オーエムジー)
PLT(パレットトークン)

幅広い仮想通貨に分散投資したい方におすすめできます。

なぜなら、仮想通貨の取扱数が国内トップのため、投資の選択肢が豊富であるからです。

LSK(リスク)やOMG(オーエムジー)といった比較的取引量の少ない仮想通貨も取り扱っているのが特徴があります。

そのため、アルトコイン・草コインの取引に注目している人におすすめできる取引所となっています。

ビットコインの後に登場した仮想通貨の総称で、ビットコインの代わりのコイン(alternative coin)を略して「アルトコイン(altcoin)」と呼ぶ。

草コインとは、ビットコイン以外の仮想通貨の総称であるアルトコインの中でも時価総額が小さく、知名度も低い仮想通貨のことをいう。

4.Coincheck利用者25名の評判から分かったデメリット3選

25名の評判から分かったデメリット3選

Coincheckを使ってみなければわからない弱点もあるんでしょ。

実際のCoincheckユーザーからはどこが弱点と言われているの?

と心配する方も多いと思います。

とくに、Coincheckではレバレッジ取引が終了し、取引所での銘柄が少ないです。

そのため、少額投資でハイリターンを狙っている人には、デメリットであると言えます。

4-1.入出金手数料が高い

取引所日本円入金手数料(銀行振込日本円入金手数料(コンビニ入金)日本円入金手数料(即時入金)日本円出金手数料
Coincheck無料
・GMOあおぞらネット銀行
・住信SBIネット銀行
3万円未満:770円
3万円以上:1018円
3万円未満:770円
3万円以上:1018円
50万円以上:入金金額0.11%+495円(50万円以上)
一律407円
bitFlyer無料
・三井住友銀行
・住信SBIネット銀行
330円住信SBI:無料
それ以外:330円
3万円未満:220円
3万円以上:440円(三井住友銀行)
3万円未満:550円
3万円以上:770円(上記銀行以外)
DMM Bitcoin無料
・GMOあおぞらネット銀行
無料無料
GMOコイン無料
・GMOあおぞらネット銀行
・楽天銀行
無料無料
bitbank無料
・GMOあおぞらネット銀行
・住信SBIネット銀行
3万円未満:550円
3万円以上:770円

上の表から分かる通り、コインチェックの入出金手数料は他の取引所より高くなっています。

なぜなら、Coincheckは既にユーザー数を確保しているため、手数料を安くすることを売りにしてユーザーを集める必要がないからです。

入出金は取引をする上で欠かせないことなので、手数料が高く設定される傾向があります。

そのため、入出金を頻繁に行うとコストがかさむため、計画的に一度にまとめることが大切になってきます。

4-2.レバレッジ取引ができない

Coincheckは、現在レバレッジ取引のサービスがありません。

なぜなら、2020年3月13日にレバレッジ取引サービスを終了したからです。

そのため、レバレッジ取引を利用したい方は他の仮想通貨取引所を検討してください。

結論、おすすめはDMM Bitcoin。

おすすめする理由としては、国内で最多となる12種類の仮想通貨でレバレッジ取引ができるからです。

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • XRP(リップル)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • LTC(ライトコイン)
  • XEM(ネム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • QTUM(クアンタム)
  • XLM(ステラルーメン)
  • MONA(モナコイン)
  • OMG(オーエムジー)

Coincheckではレバレッジ取引ができないので、DMM Bitcoinをおすすめします。

4-3.取引所での取り扱い銘柄が少ない

Coincheckでは、販売所では取扱い銘柄が17種類あるのに、取引所では4種類しかありません。

なぜなら、日本の取引所が新しい仮想通貨を上場するには、とても厳しい手続きをくぐり抜ける必要があるからです。

取引所で取り扱っている銘柄は、

  • BTC(ビットコイン
  • FCT(ファクトム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • MONA(モナコイン)

この4種類以外の銘柄は販売所でしか取引できません。

販売所の方が、取引所よりもスプレッドが広くなり、取引コストが大きくなってしまうため、頻繫な取引はおすすめできないです。

5.取引所ランキングトップ5を徹底比較

金融庁が出している「暗号資産交換業者登録一覧」を踏まえた上で、

銘柄数・手数料・ツール・使いやすさ・その他機能という観点から調査した結果、おすすめできる取引所を5つ選びました。

結論、Coincheckは銘柄数が17種類と国内トップを誇り、高機能でありながら簡単にツールが使えるため、他社より使いやすいと言えるでしょう。

手数料に関しては、他社の方が安くなっています。

今回比較する取引所は、

5-1.通貨数比較

結論、Coincheckは、販売所で17種類・取引所で4種類を取り扱っているため、他社より銘柄数が多いと言えます。

販売所と取引所で取引できる銘柄数に違いがあるので注意してください。

販売所銘柄数
Coincheck16種類
bitFlyer13種類
DMM Bitcoin12種類
GMOコイン14種類
bitbank9種類
取引所銘柄数
Coincheck5種類
bitFlyer2種類
DMM Bitcoin
GMOコイン7種類
bitbank10種類

国内では、Coincheckでした扱っていないアルトコインも多いです。

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • LSK(リスク)
  • FCT(ファクトム)
  • XRP(リップル)
  • XEM(ネム)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • MONA(モナコイン)
  • XLM(ステラルーメン)
  • QTUM(クアンタム)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • IOST(アイオーエスティー)
  • ENJ(エンジンコイン)
  • OMG(オーエムジー)
  • BTC(ビットコイン)
  • FCT(ファクトム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • MONA(モナコイン)
  • PLT(パレットトークン)

Coincheckの販売所がおすすめなのは、数多くの仮想通貨で分散投資したい人

Coincheck取引所がおすすめなのは、BTC・FCT・ETC・MONA・PLTをメインで取引したい人

5-2.手数料比較

Coincheckは、はじめて仮想通貨を買う人でも初期費用を抑えれるのでおすすめです。

なぜなら、取引手数料が一切かからないほか、銀行からの日本円入金手数料も無料だからです。

そのため、入金は銀行から行い、出金をまとめさせすれば、Coincheckは手数料の安い取引所と言えます。

取引所日本円入金手数料(銀行振込)日本円入金手数料(コンビニ入金)日本円入金手数料(即時入金)日本円出金手数料取引手数料(取引所)取引手数料(販売所)
日本円入金手数料(銀行振込)日本円入金手数料(コンビニ入金)日本円入金手数料(即時入金)日本円出金手数料取引手数料(取引所)取引手数料(販売所)
Coincheck無料
・GMOあおぞらネット銀行
・住信SBIネット銀行
3万円未満:770円
3万円以上:1018円
3万円未満:770円
3万円以上:1018円
50万円以上:入金金額0.11%+495円(50万円以上)
一律407円無料無料(スプレッド負担)
bitFlyer無料
・三井住友銀行
・住信SBIネット銀行
330円住信SBI:無料
それ以外:330円
3万円未満:220円
3万円以上:440円(三井住友銀行)
3万円未満:550円
3万円以上:770円(上記銀行以外)
約定数量×0.01〜0.15%
約定数量×0.01〜0.2% (Lightning)
無料(スプレッド負担)
DMMBitcoin無料
・GMOあおぞらネット銀行
無料無料無料(スプレッド負担)
※BitMatch注文は別
(例)BTC/JPY0.01BTC取引あたり2円
GMOコイン無料
・GMOあおぞらネット銀行
・楽天銀行
無料無料Maker:-0.01%
Taker:0.05%
無料(スプレッド負担)
bitbank無料
・GMOあおぞらネット銀行
・住信SBIネット銀行
3万円未満:550円
3万円以上:770円
銘柄により変動
(例)BTC/JPY
Maker:-0.02%
Taker:0.12%
無料(スプレッド負担)

5-3.ツールと使いやすさの比較

https://happy777.xbiz.jp/gmocoin-link/取引所ツールの機能性直感的な操作性見やすいデザイン初心者おすすめ度
Coincheck
bitFlyer
DMM Bitcoin
GMO コイン
bitbank

Coincheckのサービスは見やすいデザインで簡単に取引ができるのでで人気があります。

なぜなら、スマホアプリは、業界の中でトップクラスに使いやすいため、初心者にとっては優しい設計となっているからです。

その結果、アプリダウンロード数No.1に繋がっているのではないでしょうか。

また、パソコンからはTradeview(トレードビュー)利用することができ、高性能だという評判が多いです。

その理由として、Tradeviewでは、チャートを自分好みにカスタマイズでき。

さらにテクニカル分析するために必要なインジケーターを数多く搭載しているからです。

Tradeviewを利用すれば、ワンランク上のテクニカル分析を行うことができるため、中級者以上にとっても嬉しいツールです。

初心者でも使いやすい上、高機能なツールであるため、万人におすすめできます。

5-4.その他のサービス比較

取引所サービス名
Coincheck貸仮想通貨サービス
Coincheck電気
Coincheckガス
Coincheckアンケート
Coincheckつみたて
OTC取引
bitFlyerビットコインをもらう
ビットコインをつかう
chainFlyer
fundFlyer
Echo
adFlyer
DMM BitcoinBitMatch
GMO コイン暗号資産FX
貸暗号資産
つみたて暗号資産
ステーキング
API
bitbank暗号資産を貸して増やす

Coincheckの「貸仮想通貨サービス」はとてもおすすめできます。

他社の類似サービスと比較すれば、Coincheckのサービスが一年間レンディングする場合、最も年率が高いからです。

そのため、仮想通貨を長期保有することで利益を出したいならおすすめできます。

また、電気・ガス料金の支払いでビットコインが使えて、もらえるというCoincheck独自のサービスが展開されているのは特徴です。

6.Coincheckのキャンペーン

PLT購入キャンペーン!
2021年7月29日  ~ 2021年10月31日 23:59
Coincheckの取引所にて合計5万円以上のPLTを購入で参加可能。

1.7月29日 取扱い開始時刻~8月31日 23:59
2.9月1日 0:00~9月30日 23:59
3.10月1日 0:00~10月31日 23:59

なお、 当選しなかった場合には、 別の期間内に合計5万円以上PLTを購入することで参加できます。 
また、 本告知以前に取引した方も、 本キャンペーンの対象者です。
1.~3.の各期間において抽選で100名様に1万円相当のPLTをプレゼント
Coincheckの取引アカウントの残高へ反映したことをもって当選。
 残高への反映時期は以下の通り。 
1.購入時期:7月29日 ~8月31日 23:59 付与時期:9月上旬
2.購入時期:9月1日 0:00~9月30日 23:59 付与時期:10月上旬
3.購入時期:10月1日 0:00~10月31日 23:59 付与時期:11月上旬

抽選にはなってしまいますが、当選すれば1万円相当のPLTを受け取れるのでおすすめのキャンペーンになっています。

Coincheckは2021年7月29日に、新たにPLT(パレットトークン)という仮想通貨の取り扱いをはじめました。

PLTの取り扱い開始を記念して、新しいキャンペーンがスタート。

この機会を逃さないように早めに口座開設したいですね。

7.Coincheckの口座開設方法

会員登録

まず、Coincheck公式サイトから会員登録します。

メールアドレスとパスワードを設定するだけなのですぐ終わります。

SMS認証

SMSに送られてきた6桁の認証コードをCoincheckのサイトに入力するだけ。

本人確認

本人確認書類や顔写真の撮影が必要になりますので用意しましょう。

審査完了後、入金が完了したら、仮想通貨の取引を始めることができます。