【信頼性重視】ソーシャルレンディングのおすすめ6社!失敗しない選び方

【信頼性重視】ソーシャルレンディングのおすすめ5社!失敗しない選び方

  • ソーシャルレンディングって何を基準に選べばいいの?
  • ソーシャルレンディングは貸し倒れが多いと聞いたけど…
  • 初心者でも安全に始められるサービスが知りたい!

この記事を見つけたあなたは、お金を貸すだけで利子が貰える、最近話題の投資「ソーシャルレンディング」を始めようを思っているのでは。

結論から言うと、ソーシャルレンディングはお金を貸すだけで、後はほったらかしでも5%前後の高い利回りが狙えるため、投資初心者にオススメのサービスです。

そのため、ソーシャルレンディングのほとんどのサービスで、案件の募集からわずか1分で完売するほど人気が高まっています。

しかし、そんなソーシャルレンディングにも、行政処分や元本割れをして、多くの投資家に多額の損失を負わせたサービスもあります。

そのためこの記事では、投資が初めてのあなたでも安心して始められる、信頼性の高いソーシャルレンディングを6社厳選しました。

ソーシャルレンディングが初めての初心者なら、ここから始めて間違い無いと言える5社なので、

安全にソーシャルレンディングを始めたい方は、この記事を最後まで読みピッタリの業者を探してみましょう。

この記事の結論!
  • ソーシャルレンディングは信頼性の低いサービスを選ぶと、多額の損失を負うことも…
  • この記事では「貸し倒れ」「遅延」「行政処分」が一度も無い、信頼性の高いサービスを厳選
  • 特にCREAL」は厳正な審査基準と情報の透明性の高で最もオススメのサービス!

1.ソーシャルレンディングのおすすめ6選

サービス名 利回り 特徴
CREAL 3~8% ・不動産投資クラウドファンディング
FUNDINO ベンチャー投資のためリターンは利回りではない
クラウドバンク 7% 融資回収率100%の信頼がある
CRE Funding 3%前後 ・物流型不動産投資クラウドファンディング
FANTAS FUNDING 7%前後 ・空き家再生に関する不動産クラウドファンディング
Funds 約2% 上場企業中心の貸付型クラウドファンディング

数あるソーシャルレンディングの中から6つを厳選してまとめました。

安心面、信頼性という観点からみて選択したので、

「ソーシャルレンディングでの投資が初めてで不安」「ソーシャルレンディングの不安を払拭したい」という方は参考にしてみてください。

1-1.【CREAL】ソーシャルレンディング初心者におすすめ

CREAL
公式サイト:https://creal.jp/
サービス開始時期2018年11月13日
最低投資額1万円
利回り3〜8%
累計調達額80億
特徴・ファンド情報が細かく開示されている
・案件多い
・毎月分配

CREALは、ソーシャルレンディング初心者におすすめです。

理由としては、安心できる運用実績と情報透明度の高さ、そして初心者でも踏み出しやすい仕組みが整えられているから。

CREALは、累計調達額が80億円突破を突破しており、個人投資家からの調達額が年々右肩あがり。

更に、運営開始からわずか2年で市場規模の約6割を占めるまでに成長し、ソーシャルレンディング業界でも評価されています。

会員登録をすれば不動産調査報告書を見ることすらでき、案件を見極めるための判断材料を沢山用意してくれます。

投資家が安心して投資できる仕組みを作ってくれているため、非常にオススメできるソーシャルレンディングです!

加えて、CREALの投資案件先は、商業施設ではなく学校・保育園・地方のホテルなどが多いです。

学校・保育園・地方のホテルの案件の特徴として、商業施設と違って投資金額の規模が小さく、投資効率が悪いことが挙げられます。

CREALは、そのようなローリスクローリターンな案件も多く扱っているため、3%という堅実なリターン額で運用することができます。

そのため、初心者にとっては、リスクが少なく安心して投資することができるでしょう!

CREALの運用実績
株沢
株沢

筆者の私もCREALに投資していますが、毎月貰える利子が公開されているので安心できますよ!

1-2.【ファンディーノ】ハイリターンな取引をしたい人におすすめ

FUNDINNO
公式サイト:https://fundinno.com/
サービス開始時期2017年4月
最低投資額10万円
利回り
累計調達額52億7736 万円
特徴・ベンチャー企業に手軽に投資ができる
・時間はかかるがリターンは大きい
・国内で唯一イグジットに成功している業者

ファンディーノは、ハイリターンな取引をしたい人におすすめ。

出資者はクラウドファンディングに参加することで、手軽にベンチャー投資をすることができます。

累計成約額は40億円を超えており、5万人以上が投資家として参加。

他の株式投資型クラウドファンディングで*イグジット実績が1件もないのに対して、ファンディーノはすでに2件のイグジットに成功しています。

いずれの場合も投資家たちが投資額に対して50%以上の利益を得ることができました。

最低投資金額は案件によって違いますが、おおよそ10万円から投資できるものが多い印象。

時間はかかりますが、信用取引よりも圧倒的にリスクが小さいので、一攫千金を狙う人におすすめです。

イグジットとは、ベンチャー企業がIPO(株式公開)やM&Aによる第三者への売却などによって、事業に投資した資金を回収することです。

IPOに成功した企業は株価が上昇するので株式売却によって利益が得られますし、企業を売却すれば経営者は利益を手にすることができます。

ファンディーノでベンチャー企業に出資した投資家たちは、出資先の企業がイグジットを達成することによって利益を得られる仕組みになっています。

株沢
株沢

人気案件は競争になるので、迷っている人は早めに投資家登録することをおすすめします!

1-3.【クラウドバンク】安定した運用で高い利回りを狙いたい人におすすめ

公式サイト:クラウドバンク
サービス開始時期2013年2月
最低投資額1万円
利回り6%
累計調達額1400億円
特徴・国内3位の規模を誇る
・融資回収率100%、平均利回り6%超の実績

クラウドバンクは、安定した運用で高い利回りを狙いたい人におすすめ。

クラウドバンクには融資元本回収率が100%という他の大手ソーシャルレンディングにない実績があります。

融資元本回収率が100%ということは、貸し倒れなどのトラブルで出資者が損をしたことがこれまでに一度もないということを意味します。

さらに、平均利回りは7.09%とソーシャルレンディングの中では比較的高いと言えるでしょう。

着実に大きな利益を狙うことができるので、高い利回りに魅力を感じる人は利用することをおすすめします。

株沢
株沢

口座開設はスマホで全て登録できるので簡単!

最低投資額は1万円からなので初心者にも始めやすいですね。

1-4.【Funds】1円から投資できるため少額取引したい人におすすめ

Funds
公式サイト:https://funds.jp/
サービス開始時期2019年1月
最低投資額1円
利回り3%
累計調達額69億9910万
特徴・ファンド組成を他の上場企業に任せている
・案件は少ない

Fundsは、一度も投資をしたことがない人におすすめです。

理由は、1円から投資できローリスクで始めることができるから。

他のソーシャルレンディングでは、最低投資額は1万円がほとんど。しかし、Fundsは更にリスクが低く、驚愕の1円からスタートできます。

一度も投資をしたことがない人でも、安心して踏み出すことができるでしょう。

その他にも、案件先は上場企業が中心で、資金を集める目的ではなく、認知されるための広告としてFundsを利用している企業がほとんど。

そのため、貸し倒れのリスクが少ないと言え、安心して投資することができるでしょう。

\利息でコツコツ資産運用始!/
株沢
株沢

Fundsは1円から投資ができるということもあって、幅広い年齢層の方が利用しています!投資額も人それぞれ!

1-5.【CRE Funding】手堅く資産形成したい人におすすめ

サービス開始時期2020年
最低投資額1万円
利回り2.5~3%
累計調達額約672億円
特徴・自社管理物件のため投資先案件の透明性が高い
・東証一部上場企業が運営しており投資家にとって安心
・一般投資家が「物流不動産ファンド」に投資できる唯一の会社

CRE Fundingは、手堅く資産形成をしたい人におすすめです。

理由としては、「物流不動産ファンド」という今後成長する産業への投資が唯一でき、値が下がる心配がないから。

ソーシャルレンディングの多くは、不動産投資です。

不動産は値動きが激しいため、運用が確実にできるかはいくらプロが選定していても保証できません。

しかし、物流不動産はAmazonを筆頭にEC業界が急成長している中、下がる心配がほぼ100%と言っていいほどありません。

そのため、長期の資産形成としては計画が立てやすく、また安心して投資できるでしょう。

また、運営している株式会社シーアールイーも東証一部上場しており、12年に渡って経営されている物流不動産のプロです。

案件先も自社管理物件のため透明性が高く、投資しない理由がないくらい!

長期的に手堅く資産形成をしたい人には、かなりおすすめのソーシャルレンディングです。

1-6.【FANTAS FUNDING】空き家再生など社会貢献に興味のある人におすすめ

サービス開始時期2018年10月
最低投資額1万円
利回り3~5%
累計調達額20億
特徴・2~8件の案件が一度に募集される
・セイムボート出資方式を採用
・社会問題である空き家に案件先をフォーカス

FANTAS FUNDINGは、不動産に知見がある運営企業から投資したい人におすすめです。

FANTAS FUNDINGを運営しているFANTAS tecnologyは、 AIでマンションの適正価格を判断する事業をしています。

そのため、不動産投資での土地選定の際に、AIが適切な土地を見極めてくれ、貸し倒れがしにくい融資先を選んでくれます。

融資先の選定は、個人投資家の利益に非常に深く関わっているため重要です。

その重要な部分に知見があるFANTAS FUNDINGSは、会社として信頼性が高いといえるでしょう。

株沢
株沢

FANTAS FUNDINGは、日本の社会問題である空き家を案件先にしていることが多く、社会貢献性も感じることができます!

2.ソーシャルレンディング10社を徹底比較!

ソーシャルレンディング事業主 利回り 特徴
Lendex 6~13% ・無担保の案件は利回りが高い傾向
・会社規模が小さい(従業員数8名)
CROWD CREDIT 5.2~12.5% ・海外ローン
・為替リスクあり
クラウドバンク 平均7.09% ・貸し倒れなし
・業界3位の実績
SBIソーシャルレンディング 2.5~10% ・大手SBIグループ傘下
・業界2位の実績
CREAL 3~8% ・不動産投資クラウドファンディング
Rimple 4~5%程度 ・不動産投資型
・初回の案件のみ10%だったが、それ以降は4~5%
OwnersBook 5%前後 ・全案件に不動産担保つき
CRE Funding 3%前後 ・物流不動産投資クラウドファンディング
Funds 約2% ・上場企業中心に貸し付ける独自のシステム
・6%程度の案件も存在するが非常に少ない
FUNDINO ・ベンチャー投資のためリターンは利回りではない

ソーシャルレンディングの10社を徹底比較してみました!

おすすめの5社は、安心面と信頼性を軸に紹介しました。そのため、行政処分やデフォルトをしていない業者だけを厳選しました。

しかし、中には「少しのリスクはあっても高利回りの案件先に投資したい」という人もいるはず。

そのため、10社比較ではリターンを重視しておすすめを紹介していきます。

高いリターンを見込めるソーシャルレンディングは3社。

  1. レンデックス
  2. CROWD CREDIT
  3. OwnersBook

特にレンデックスは、ハイリスク案件に挑戦したいけど長期間の運用は怖いと感じる人におすすめです。

レンデックスの案件は、マンションのような稼働率が低い案件ではなく、民泊に利用する不動産を扱っています。

そのため、1年未満の短期かつ高利回りで投資することが可能に。

高利回りだからといって、安全性が低いわけではないため、信頼して投資することができるでしょう!

CROWD CREDITは、リスクを取ってでも高いリターンを得たい上級者におすすめ。

成長が著しい新興国を投資対象にしているため、案件自体のリスクは他のソーシャルレンディングと比べて高いです。

また、運営会社の社長自ら「返済遅延や貸し倒れのリスクが比較的高い」と公言しているぐらい。

そのため、分散投資をしながらバランスよく投資できる、上級者にはぴったりでしょう!

OwnersBookは、エクイティ型を採用しています。

そのため、購入時よりも高い金額で売却するとその分配当が増えるため高いリターンが得ることができます。

しかし、高い金額で売却ができるかはOwnersBookの力にかかっています。そのため、見極めは必要になるでしょう!

株沢
株沢

安全性/信頼性はありつつ、高利回りを狙いたいなら「レンデックス」「CROWD CREDIT」「OwnersBook

3.ソーシャルレンディングの始め方【簡単3つのステップ】

今回は一番おすすめの「CREAL」での始め方をご紹介していきます。

基本的にどのサービスでも登録は同じような流れになりますので、参考に見て頂けますと幸いです。

会員登録
CREAL 会員登録

まずはCREALの公式サイトに移り、会員登録を行います。

  1. メールアドレス
  2. パスワード

2つの情報を入力しましょう。

メールを確認

メール・パスワードを入力すると、登録したメールアドレス宛にCREALから登録完了のメールが届きます。

メールに記載された「トップに戻る」をクリックしましょう。

投資家登録
投資家登録

<お客様情報の入力>

CREALの公式ページに戻ると、次に投資家登録を行います。

画面に表示された項目に情報を入力しましょう。

<氏名・住所の入力>

氏名、性別、生年月日、郵便番号、住所、電話番号

<必要事項の入力>

職業、年収、金融資産、投資の経験、主な収入源、投資資金の性格

<本人確認>

マイナンバーカード、免許証、在留カード

※3つの中から1つ選択して写真撮影
※最短で翌営業日に登録完了

口座開設完了

投資家登録が完了したら、これでCREALの会員登録は完了です。

CREALでの投資は、新規ファンド募集時に応募する必要があります。

新規ファンド募集は公式ページで発表されているので、タイミングを逃さないようにチェックしておきましょう。

まとめ|初めてのソーシャルレンディングなら「CREAL」がオススメ!

この記事のまとめ
  • CREAL】ソーシャルレンディング初心者におすすめ
  • ファンディーノ】ハイリターンな取引をしたい人におすすめ
  • クラウドバンク】安定した運用で高い利回りを狙いたい人におすすめ
  • Funds】1円から投資できるため極度の心配性の人におすすめ
  • CRE Funding】手堅く資産形成したい人におすすめ
  • FANTAS FUNDING】空き家再生など社会貢献に興味のある人におすすめ
  • 【番外編】高いリターンを求めるなら「レンデックス」「OwnersBook」「CROWD CREDIT

ソーシャルレンディングでの投資が初めての場合、CREALをおすすめします。

CREALは、ソーシャルレンディングの中でも、安心できる運用実績があり初心者でも踏み出しやすいです。

案件も多く、利回りも堅実の数字であるため、リスクも少なく安心して踏み出せるでしょう。

登録もわずか1分でできるため、会員登録から始めてみましょう!

CREALを通して、あなたの資産形成に彩りがでることを祈っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です